2018年10月9日 更新

出目と液晶演出が織りなす矛盾を楽しめ!

ユニバーサルエンターテインメントはこのほど、ミズホ製パチスロ新機種『デュエルドラゴンプラス』を発表した。

174 view お気に入り 0

『デュエルドラゴンプラス』

 ユニバーサルエンターテインメントはこのほど、ミズホ製パチスロ新機種『デュエルドラゴンプラス』を発表した。

 同機は、4号機時代に同社初の液晶搭載機として登場した『デュエルドラゴン』シリーズの第3弾。初代のゲーム性を踏襲しつつ、新たにメイン液晶の周りに4つの演出用ギミックを搭載。「パワーボールランプ」は、青、赤、虹色と変化、リールロックが進むほどボーナスへの期待が高まる演出となっている。その他にも、「聖剣ランプ」、「アオモンウィンドウ」、「ブロックウィンドウ」などを搭載しており、対応役矛盾などの演出が発生する。また、メイン液晶で発生するシリーズおなじみの「液晶出目演出」には、出目による語呂合わせリーチ目を追加。「ERR(エラー)」や「EAT(食べる)」など多数の語呂合わせが存在している。

 スペックはボーナス+RTとなっており、ボーナスはBIG BONUS(獲得枚数300枚)とREG BONUS(最大獲得枚数100枚)の2種類。BB終了後にはCZ「DRAGON BATTLE」に突入する。

 CZは、RT突入をかけたチャンスゾーンとなっており、ドラゴン揃いより先にリプレイを揃えることが出来ればRT「CHANCE TIME」に突入する。

 RTは20G継続するRTで消化後は再びCZに移行する。RT後のCZは、BB後よりもRTの突入期待度が高く、そのループ率はおよそ82%となっている。

 なお、同機の納品は10月21日を予定している。

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

提供:月刊グリーンべると

スペック

設定 BIG REG ボーナス合成 機械割
1 1/331.0 1/392.4 1/179.6 97.4%
2 1/324.4 1/368.2 1/172.5 100.2%
5 1/306.2 1/329.3 1/158.7 103.9%
6 1/290.0 1/290.0 1/145.0 108.0%

参照元:スロット解析情報~すろかい~

動画

デュエルドラゴンプラス PV

★新台レポート★【教えて!まきとま先生 Vol.1】スロット《デュエルドラゴン プラス》

公式サイト

8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

名機復活!A PROJECT第9弾は黄金のA

名機復活!A PROJECT第9弾は黄金のA

ユニバーサルエンターテインメントはこのほど、アクロス製パチスロ新機種『アレックス』を発表した。
業界初のラインバトルシステム搭載機を発表

業界初のラインバトルシステム搭載機を発表

ユニバーサルエンターテインメントは5月25日、本社でパチスロ新機種『SLOTハイスクール・フリート』(ユニバーサルブロス社製)を発表した。
GODシリーズ初のスピンオフマシン登場!

GODシリーズ初のスピンオフマシン登場!

ユニバーサルエンターテインメントはこのほど、パチスロ新機種『ゆるせぽね』を発表した。
バジリスクがついにぱちんこで「開眼」!

バジリスクがついにぱちんこで「開眼」!

ユニバーサルエンターテインメントは1月15日、本社でメーシー社製パチンコ新機種『CRバジリスク~甲賀忍法帖~弦之介の章』と、ユニバーサルブロス社製パチスロ新機種『コンチネンタルゼロ』の新機種発表会を開催した。
『HEY!鏡』、全国最多導入台数店舗が新装オープン

『HEY!鏡』、全国最多導入台数店舗が新装オープン

6号機第1弾機種『HEY!鏡』の最多導入店舗となる《ベガスベガス新宿東南口店》が10月2日、リニューアルオープンに合わせ同機の稼働をスタートさせた。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ひらぱち編集部 ひらぱち編集部