2018年9月16日 更新

ニラク、地域住民に花火観覧スペースを無料提供

ニラクは8月25日、「第40回釈迦堂川須賀川花火大会」当日に、《ニラク須賀川店》を休業して敷地や駐車場を花火観覧場所として無料開放した。観覧会場として敷地や駐車場を無料開放したのは今年で16回目。

72 view お気に入り 0

花火大会当日は店舗を休業して駐車場を花火の観覧スペースとして無料開放した。

 ニラクは8月25日、「第40回釈迦堂川須賀川花火大会」当日に、《ニラク須賀川店》を休業して敷地や駐車場を花火観覧場所として無料開放した。観覧会場として敷地や駐車場を無料開放したのは今年で16回目。

 同店駐車場では、「Active Local Engineハッピータイム夏祭りinニラク須賀川」と題し、須賀川市友好都市の物産展や、プロバスケットボールチーム「福島ファイヤーボンズ」によるパフォーマンスやミニゲーム、同社スタッフが運営する屋台や縁日、24時間チャリティ募金活動などを実施、地域住民との交流を深めた。

 会場内で行われた24時間チャリティ募金活動で集められた13万2,210円は、福祉車両などの寄贈にあてる予定となっているほか、9月21日には、屋台の収益金の一部である27万3,800円を須賀川市産業部商工観光課に寄付する予定だという。

 なお、2002年の同店のオープン以来、24時間チャリティ募金活動と須賀川市への寄付活動は今年で16回目を迎えており、これまでの24時間チャリティ募金活動の総額は、598万6,810円、須賀川市への寄付総額は385万7,375円で、16年間での総額は984万4,185円。

 同社では今後も、各店舗で実施している様々な活動などを通して、地域社会との共存を目指した活動(アクティブ・ローカル・エンジン)を継続して実施していきたいとしている。

 (9042)

同社スタッフたちは、屋台などを出店するなどして地域住民との交流を深めた。

株式会社ニラクとは

世の中をもっと「明るく 楽しく 面白く」していくことを目的にして、福島県郡山市の本社を拠点に、パチンコホール事業をはじめレストランやホテル運営などを通して、地域社会に貢献すべく活動している企業

動画

【TVCM】二ラクのしたいこと篇

9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ニラク、社会医療法人に車椅子5台を寄贈

ニラク、社会医療法人に車椅子5台を寄贈

ニラクは6月6日、社会医療法人あさかホスピタル(福島県郡山市)が経営する病院内で車椅子5台の寄贈式を開催した。
PB商品の収益の一部を被害者支援センターに寄付

PB商品の収益の一部を被害者支援センターに寄付

福島県を中心に56店舗を展開するニラクは5月11日、犯罪や事故に遭った被害者やその家族らの早期回復を支援する「ふくしま被害者支援センター」に12万5,000円を寄付した。
ニラク、店舗敷地内に宅配便ロッカーを設置

ニラク、店舗敷地内に宅配便ロッカーを設置

ニラクは2017年10月1日から、《ニラク上北台店》の敷地内にオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」を設置している。
ニラク入社式、「未来を創る真のリーダーへ」

ニラク入社式、「未来を創る真のリーダーへ」

福島県を中心に56店舗のパチンコホールを展開する株式会社ニラク(本社:福島県郡山市)は4月2日、郡山市にある同社研修センターで「平成30年度株式会社ニラク入社式」を開催。
ニラク、茨城県に56店舗目をオープン

ニラク、茨城県に56店舗目をオープン

ニラクは2017年12月29日、茨城県常陸大宮市にグループ56店舗目となる《ニラク常陸大宮店》をグランドオープンした。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ひらぱち編集部 ひらぱち編集部